業務用エアコンの賢い選び方を教えます

夏だけでなく冬にも活躍するエアコンですが、家庭用のエアコンは馴染みがあっても、業務用エアコンは見ている様であまり見ていないと思います。業務用エアコンには様々な種類があり、それぞれ用途によってどれがいいのか変わってきます。もちろん、家庭用エアコンも部屋の広さによってパワーを選ぶ必要があったり、欲しい機能があるでしょう。それと同じ様に、業務用も必要な機能などを選んでいく事が可能です。エアコンは室内を快適に保ってくれる為、暑い日などには必要不可欠です。それがスーパーなどの食料品が置いてある場所であれば、尚更です。冬も、過度に寒いと困ってしまいますので、エアコンが活躍します。エアコンは広い範囲を効率的に冷やしたり暖めたりしてくれる為、多くの店舗などで導入されています。

業務エアコンの種類を見ていきましょう

業務用エアコンを選んでいくには、まずその種類を把握しておく必要があります。家庭用エアコンであれば、壁掛けタイプがほとんどです。しかし、業務用となると、設置方法からさまざまです。まずよく見るのは、天井に埋め込んであるタイプです。その中にも、吹き出し口の数によってタイプが違います。家庭用と同じ壁掛けタイプもありますし、天井から吊るすタイプもあります。床置きのタイプもあります。その中でも主力になっているのが、天井に埋め込むタイプです。飲食店などでもよく見かけますが、店内がすっきりし、全体に風が行き渡ります。いい事だらけですが、金額が高いというデメリットもあります。家庭用と同じく、業務用もそれぞれにメリットとデメリットを持っています。それぞれ少し詳しく見ていきながら、賢い選び方を考えていきましょう。

業務エアコンは賢く選ぶ必要があります

業務用エアコンの壁掛けタイプは、家庭用と同じです。埋め込みタイプと比べると音が大きくなりますが、費用は抑えられます。同じ様なかたちで、吊り下げタイプがあります。こちらはオフィスや教室などで良く見かけます。配管なども剥き出しになる為、景観を損ねてしまうのが欠点です。床置きタイプは、大きな機械を床にどんとおきますので、景観は失われます。最も費用が掛からないのが、この床置きです。体育館や映画館など、天井が高い場所で活躍します。ざっとメリットとデメリットを挙げて見ましたが、それぞれに最適なエアコンというものが存在します。飲食店なのに置くタイプではおかしいですし、体育館に埋め込みタイプを設置しても、費用の無駄遣いになってしまいます。どんな場所に設置したいのかによって、エアコンをしっかりと選んでいきましょう。