姓名診断のことを考えると

私は自分の名前というものについてけっこう興味がありまして、占いとかをしたり姓名診断をするということが多かったりするのです。
これは、案外当たっているということも多くなっていて、あながち的外れでもないなというふうに思えることが多いため、かなり役立つということが多いのです。
もっとも、このようなものについてあまりのめりこみすぎるのもよくないといわれていまして、人生の指標というものは自分でそのときそのときの状況にあわせて決めていくということが望ましいともいわれていますし、実際にそうした選択を迫られる場面は多くなっているということがあるのです。
私の場合も、昼休みの話のネタに自分の名前についての意味とか、診断をしたときの状態とかを面白おかしく話すということはあっても、決してそのとおりになるとは考えていません。
自分の人生というものは、自分が自分の意思で作り出していくというものでして、何かによって動かされるということはあまりなく、そこには必ず自分の決断があるからなのです。